スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

例会「草原の馬頭琴と森のピアノ」

5月18日(土) 港子ども劇場例会「草原の馬頭琴と森のピアノ」

馬頭琴とホーミーの岡林立哉さん、ピアニストの重松壮一郎さんをお招きし、幼児・低学年の部と高学年の部と分けて、贅沢に楽しみました。


みんなから寄せられた感想から…

「音楽を聴いて感動したのははじめてだった」
「いつもの光景がドラマの1シーンのように緑のバックが素敵で心が浄化されるようだった」
「ここは本当にいつもの近隣センターなの?」
「心に栄養を与えていただきました。」…


新緑をバックに、自然を味方につけて、
木漏れ日、そよ風、小鳥のさえずり…すべてが、ここに集まり融合されていました。

馬頭琴ピアノ


会場は、岡林さん自前のモンゴルの風景のパネルで、雰囲気がぐっと盛り上がりました。

馬頭琴ピアノ3


今回のプレゼントは、
低学年公演は、かわいくラッピングされた「おつまみ」
高学年公演は、港区「地底旅行」の「地ビール」
劇場の職人さん!?が、ひもを編みお土産風にラッピングしました!

馬頭琴ピアノ4

馬頭琴ピアノ5

終わってからの夕食交流会は、港区情緒あふれるお店へ

例会の感想、質問などがバンバン飛び交いました。
ステージに立っていた演者さんとこうして、話ができるのは子ども劇場、おやこ劇場の醍醐味。
お二人の出会い、いのちをテーマにした曲からの、出産話、奥様との出会いのお話などなど…


子どもたちは、インジャン(ジャンケン)や鬼ごっこをして遊んでくださったお二人との思い出をきっといつまでも覚えていることでしょう。

本当に素敵な例会でした


馬頭琴ピアノ6
スポンサーサイト

例会 『いっとうしょう!』

4月21日(日)
港子ども劇場 第77回例会
CAN青芸&つげくわえ
『いっとうしょう!』

ぼくにはぼくのいっとうしょう!

あなたにはあなたのいっとうしょう!


見終えた後、ほんのり涙した方も多かったようす。
こどもたちも、しっかり見入っていて、
華やかないっとうしょうだけが、いっとうしょうではないことを
教えてくれた作品でした。


例会終了後、昼食交流会を行い、感想や質問を投げかけて、
劇団さんと交流をはかりました!


(会員の感想)ほんの一部です
・いっとうしょう!=完璧なものなやいとあかんと思ってた自分の固定観念に気づいた
・人形と人とのコラボレーションが素晴らしい
・ブタさんがマラソンに勝つと思った。そう、来たか!と思った。・・・などなど

CAN青芸さん&つげさん、楽しいひとときを
ありがとうございました!

写真_1~1
<お手伝い終わった後の子どもたち>
劇団さんに付いて埼玉まで行くぞ~だって~笑

いっとうしょう 集合
<集合写真>

写真_2~1
<今日のプレゼント>
中身はチョコレートです
子どもたちがイラストを書いてくれました


プロフィール

港子ども劇場

Author:港子ども劇場
こんにちは(*^^)v
大阪市港区にある、港子ども劇場のブログです。

例会、自主活動などで楽しんでいる様子をお伝えします!
「楽しそうだなぁ」と思ったら、ぜひ一度遊びに来ませんか?
HPも見てね\(^o^)/
http://minatogekijou.yu-nagi.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。